「ブログ飯 個性を収入に変える生き方」を読み、下積みの大事さを知る。 | ※個人の感想です。

「ブログ飯 個性を収入に変える生き方」を読み、下積みの大事さを知る。

スポンサード リンク

「ブログ飯」表紙

プロブロガーと言われる人々がいます。
ブログの広告収入を主な収入としている人たちです。
その内の1人、染谷昌利氏による著書。
「ブログで飯を食う」を略して「ブログ飯」というタイトルです。

ちなみに写真に映り込んでいるパソコン画面には、
シャレでこちらの記事を表示させました。↓
2012年大晦日の一大決心。俺はブログで飯を食うことにしたぞっ! | むねさだブログ

教訓:プロブロガーは一日にして成らず。

主な内容は「心構え」「考え方」

ブログで稼ぐための参考書というと、
「まずは○○ブログを立ち上げます」
「アドセンスに登録します」
「効果的な広告の配置はここ」
みたいな具体的な話が図入りで…というものが多いですが、
そういうのは他書に任せるという態度で書かれています。
技術論を期待して買うと、拍子抜けするでしょう。

実は著者には「下積み時代」がある

著者の染谷氏はサラリーマン生活を12年の後、
最後の会社で「希望退職」を使って退職し、
その後は「ブロガーとして稼ぐ」道に入っています。

では染谷氏がブログに取り組み始めたのは、退職後か?
というとこれが違いまして、
サラリーマン時代から(報酬にはさほど期待せず)
いろいろとブログの制作をしていたとか。
もしも「退職してゼロからのスタート」だったら、
難しかったかも知れません。

一番の見所は「特別コラム」か!?

この本には何と、染谷氏の奥様が寄稿しています。
「特別コラム:鬼嫁は見た! ~没個性サラリーマンの華麗なる転身の秘密~」
これが非常に面白い。
「奥さん、策士だ…」
と言いたくなるほどに、ビシビシ染谷氏を「教育」していく光景が。
「こういう嫁がいないとブログで飯は食えないのか…」
と思いそうになった私はまだ独身。(爆)

この手の本は「そっくり真似すればいい」というものではありません。
「自分にはどう活かせるだろうか?」と考えることが必要だと思いました。

4844334166ブログ飯 個性を収入に変える生き方
染谷 昌利
インプレスジャパン 2013-06-21

by G-Tools

関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事に トラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tom_yamaki

Author:tom_yamaki
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (101)

アクセス解析

外国為替の相場