Windows7で「頻繁に」時計合わせする方法。TimeTuneの導入と「Windows起動時に確実に起動させるには」 | ※個人の感想です。

Windows7で「頻繁に」時計合わせする方法。TimeTuneの導入と「Windows起動時に確実に起動させるには」

スポンサード リンク


(c) .foto project

Windows8もリリースされたというのに、
今になってWindows7のノウハウです。

Windows7には、パソコンの内蔵時計を
1週間おきに修正してくれる機能が
標準搭載されています。
ですが、機種によっては
「1週間もほっといたらかなり狂う」
のではないでしょうか?

フリーソフトの導入により、
もっと頻繁に修正することができました。

時刻合わせソフト「Time Tune」

出会ったきっかけ

WindowsXP時代に愛用していた「X-TUNE」というソフトが
どうやらWindows7には対応していないようなので、
時計合わせのソフトを検索してみたところベクターで発見しました。

TimeTuneの詳細情報 : Vector ソフトを探す!


詳しい解説は「窓の杜」に書かれています。

窓の杜 - Time Tune
パソコンの内蔵時計を正確な時刻に合わせるソフト。起動するとタスクトレイに常駐し、指定した分数間隔でNTP/HTTPサーバーへアクセスしてパソコンの内蔵時計を調整する。

インストール方法

上記ベクターのダウンロードページから
Zipファイルをダウンロードして、
適当な場所に展開します。
インストーラはありません。
こういう「展開するだけ」のソフト用に
専用フォルダを作ることをオススメします。

展開してできた
「TimeTune.exe」を実行します。
初回に限り、「JWordプラグイン」というソフトの
紹介画面が出てきます。
インストールするしないは自由です。

TimeTuneが起動すると
タスクトレイに常駐するので、
早速設定を行いましょう。

Time Tuneの右クリックメニュー

Time Tuneのオプション設定画面

問合せ先は、特にこだわりがなければ
そのままで結構です。
調整時間間隔は、私はとりあえず3時間にしてみました。
「今すぐ調整したい!」という方は、
「即時時刻調整」ボタンを押してみましょう。

設定画面は他にもあります。
メニューバーから「ファイル」→「TimeTune固有設定」で
次の画面が現れます。

2013-01-06_17h05_38.png

「WindowsのスタートアップにTimeTuneを登録」に
チェックを入れて「設定」ボタンを押すと、
スタートアップに登録されます。
今後はWindowsの起動と同時にTimeTuneも起動します。
私はこの設定を知らずに
自分でショートカットを作ってスタートアップに登録して
「おかしいなー、再起動しても動かない…」と
無用な回り道をしておりました。(爆)

ログから発覚した衝撃の事実

Time Tuneのログ一例

↑ログの一部です。
TimeTuneは時刻調整の記録をログファイルに残しており、
オプション設定画面から
「ファイル」→「ログ表示」で見ることができます。
何と私のパソコンは、

12時間で1秒遅れる

ことがわかりました。
1日放置すれば2秒、
1週間放置すれば14秒です。これはひどい。
この結果を見ても、導入して正解でした。

2013/01/06 追記

スタートアップに登録する方法を
思いっきり間違えていたのに気が付いたので訂正しました。
申し訳ありません。
それともう一つ。
「スタートアップに登録しただけでは起動時に動き出してくれない場合がある」
ことがわかりました。
調査の結果、「タスクスケジューラに登録する」ことで解決できました。
こちらのページの手順を参考に、設定してみてください。
スタートアップでアプリが起動しない - Windows7移行まとめwiki

時計の誤差が「秒単位で」気になるという方には、
特におすすめします。
私はパソコンの時計を基準に腕時計を調整することがあるので
正確でないと困るのです。
…え?電波時計にしろ?
ボーナスが多かったら考えます。

関連記事

タグ/
コメント一覧
コメントする


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事に トラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

tom_yamaki

Author:tom_yamaki
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (101)

アクセス解析

外国為替の相場