pha・著「人生にゆとりを生み出す 知の整理術」を読む。ハイスペック[元]ニートの勉強ノウハウ。 | ※個人の感想です。

pha・著「人生にゆとりを生み出す 知の整理術」を読む。ハイスペック[元]ニートの勉強ノウハウ。

スポンサード リンク

2017-12-17_17_24_50.jpg

元「日本一のニート」と呼ばれる、phaさんの新刊
「人生にゆとりを生み出す 知の整理術」
を購入しました。
ブログ運営にも参考になる1冊です。

超めんどくさがりやが編み出した効率的な学び方(帯のキャッチコピー)とは?

同時に覚えたいことは3つまで。意外な理由。

 僕は何かを覚えたいときは、まず本を読む。
 そして本を読むのに疲れたら、覚えたいことを3つ選んで紙にメモして、その紙をポケットに入れて散歩することにしている。
(p81)
この「3つ」は「人間が直感的に把握できる最大の数」なのだそうです。
あれ?5とか7とかじゃなかった?いや、そんなに多くないようです。数字の成り立ちを見てみましょう。

漢数字:一、二、三、四、五…
ローマ数字:I、II、III、IV、V…
アラビア数字:1、2、3、4、5…
 アラビア数字の2と3は、もともとは線を横に2本書いた「二」みたいなのと、線を横に3本書いた「三」みたいなものを、草書体のように崩して続けて書いたものだ。
 つまり、どの数字も1から3までは、線を単に1本、2本、3本と並べて書いたものなのだけれど、4からはどの数字も別の表記方法を使っている。これは、人間が直感的に把握できる数が3つまでだからなのだ。
(p83-84)
文化圏が違っても大体「3つが限界」というのは面白いですね。

学んだことをブログに書く利点とは

学んだことは一発で頭にたたき込めるわけではないので、皆さんメモやノートを取るなどされていると思います。
「紙じゃなくてもいいよね」とテキストファイルに書く人もいるでしょう。しかし著者がブログを勧めるのはなぜか?

 ただ、ブログに載せてネットに公開することの利点として、「データが失われにくい」「検索しやすい」という点がある。
(p142)
ブログに書いたものは、全部インターネットに公開されているので、「自分のブログ名 ○○」という言葉でグーグルから検索すれば、すぐに○○について自分が書いた文章を見つけ出すことができる。
(p143)
「自分の勉強メモをデータベース化するためにグーグルを利用する」、スケールのでかいやり方です。

余談:著者はなぜ「元ニート」なのか?

昔は「ニートの歩き方」という本を出したくらいで「本物のニート」とされていたphaさんが今はなぜ「元」なのか。
実はニートには「年齢制限」があります。

よくあるご質問について|厚生労働省

を一番下までスクロールすると「ニートの定義は何ですか。」という質問の答えとして

総務省が行っている労働力調査における、15~34歳で、非労働力人口のうち家事も通学もしていない方を、いわゆるニートとして定義しています。
と記されています。

ニートは34歳まで!

1978年生まれのphaさんは、国がニートと認めてくれないのです。
まあ、今は「作家」でもいいと思いますが。

ざっくり触れてきましたが、社会人以降の方々には特におすすめの1冊です。「勉強という趣味」は、体力がなくなってきても楽しめますので。

4479796207人生にゆとりを生み出す 知の整理術
pha
大和書房 2017-12-16

by G-Tools

関連記事

タグ/

プロフィール

tom_yamaki

Author:tom_yamaki
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (103)

アクセス解析

外国為替の相場